YAPC::Asia Tokyo 2015に行ってきました

YAPC::Asia Tokyo 2015が今年で最後らしいということで、最後くらいは行ってみようということで、行ってきました。

最近は、メモをとるより聴くほうに集中という言い訳で、あんまりメモを取らないのと、話題が多岐にわたるので、あまりまとめを書ける感じじゃないので、貰ったノベルティについて書いてお茶を濁そうと思います。
と思ってたら、1日目の後、家に帰るまでの間に、トートバッグをどうやら無くしました・・・

Electronでサンプルアプリケーションを作ってみた(electron-prebuilt) | kanonjiのブログ

とりあえず、書けそうな内容だったElectronについては、先に書いておきました。

他の発表についても少し

前夜祭

Perlワンライナー入門

はてなブックマークのトピックページの裏側を聴こうと思ったけど満席でした。視力が落ちてきてて、後ろで見ててもスライドの文字が読めず辛い感じだったので、もう片方のPerlワンライナー入門に行きました。

$ tail -F fast.log | perl -nlE 'rand() < 0.5 and say'

https://www.swipe.to/7299cm#page=H9rftNtTX

ログが多すぎてtailで見ると流れが早すぎる時、rand()を使って間引くのが面白かったです。
あんまりログを見たりする機会は多く無いので、PerlだったりRubyだったりAwkだったりと、その時々で調べてやっちゃうから身になら無いんだよなぁと思いながら聞いてました。

我々にできるOSSとそのコミュニティの育てかた

我々にできるOSSとそのコミュニティの育てかた – YAPC::Asia Tokyo 2015

移動してまた後ろになるとスライドの見易さ的に辛いなと思って、そのまま移動せず。
もう片方の技術ブログを書くことについて語るときに僕の語ることも面白そうだったけど。

面白かったけど、自分は特にOSSを出してたりし無いし、特に書ける事が無い感じ。

1日目

一番聴きたかったトラックに全タイミングで入れなかった日でした。

Perlの上にも三年 〜 ずっとイケてるサービスを作り続ける技術

Perlの上にも三年 〜 ずっとイケてるサービスを作り続ける技術 〜 – YAPC::Asia Tokyo 2015

タイトルにDDDとか書いてなかったから見逃して出遅れて入れなかった。
多分1番聴きたかった発表かもしれ無い。

その次に興味があったWebAudio で入門する信号処理も満席で入れず。

Yet Another Perl Cooking

Yet Another Perl Cooking – YAPC::Asia Tokyo 2015

Perl (あるいは他の言語) を用いて料理・調理を自動化とか、ちょっと面白そうだったし、同じ部屋でやるその次の大規模でも小中規模サービスでも捗る microservices な Web サービスのつくりかたが、どう見ても満席必至だったので、入っておこうと画策したら、そもそもYet Another Perl Cookingも満席で入れなかった。

Electron: Building desktop apps with web technologies

Electron: Building desktop apps with web technologies – YAPC::Asia Tokyo 2015

代わりに入ったElectronの話。これはこれで面白くちょっとElectronに興味が出てきました。
例えばWebRTCでスクリーンキャストするアプリとかもElectronで作られてるので、JavaScriptで作るといっても結構OSの深いところの機能も使えそうな雰囲気あります。
コンパイルする言語を使ってデスクトップアプリケーションを作ったことが無いので、とっつき易くて何かしらが作れそうな気がする感じ。

Electronでサンプルアプリケーションを作ってみた(electron-prebuilt) | kanonjiのブログ

冒頭にも書いたけど、とりあえずElectronでサンプルアプリケーションを作るまでをやってみました。

esa.io – 趣味から育てたWebサービスで生きていく

esa.io – 趣味から育てたWebサービスで生きていく – YAPC::Asia Tokyo 2015

これまでの経験を活かし、Electronの発表が終わったら急いで出て列に並んだけど入れず、もうしょうがないのでLTもあるし大部屋のトラックAに戻りました。

色々と参考になる所がある話だったけど、メモは取って無いのであまり書けることが無い。
まぁ聴いたことで何かしらの肥やしにはなってると思う。

LT

Slack botはそこそこ気軽に作れて、地味に便利なものが作れそう。
PHPの例外とエラーハンドリングの所は、フレームワーク任せになってしまっていて、ほとんど忘れてたのでそういえばそうだったなぁと思いつつ、フレームワークを使わない様な時のために、調べ直してまとめておきたい気持ちになりました。

懇親会

とても美味しかった。
最初はPHPerで集まってたけど、途中からインフラ方面の話をしました。

AWS RDS Auroraは、ほぼMySQLとして使える。ただし内部の動きが違うので、こういうインデックスを貼ってるからこういうクエリーで良いよねという感覚と違う結果になったりはある。
でも、東京リージョンで使えるようになったら使わ無い手は無いという話だったり。
ただ、開発環境はMySQLで本番がAuroraてのはどうなの?とか。

デプロイ中に、オートスケールでスケールアウトして上がったインスタンスがいると、そのデプロイが反映されずデプロイ1回分古い内容で参加する可能性があって、どうするかとか。
ELBが、古いコンテンツを持ったインスタンスだったら蹴る仕組みでいけるんじゃとか思ったけど、よく考えたらELBがどうやってコンテンツの新旧を知るんだろうとなったり。

まぁ結論が出るような話じゃ無いし、とりあえず、インフラ方面ももう少しできるようになりたいなぁという感想。

トートバッグを無くした話

前夜祭にも行ったので、Tシャツは家に置いてあって無事だったけど、全然見てないノベルティ全部とYAPCのトートバッグが無くなりました。
特にトートバッグそのものが、今までノベルティで貰ったトートバッグの中では2番目にしっかりとした作りで、意匠もいい感じなので、荷物が多い時に使えそうと思ってたので、結構ショックです。
(UnityのUniteもYAPCと同じとは言わないまでも、もう少し丈夫なトートバッグだといいんだけどなぁ・・・)

記憶を辿ってみると、多分帰りに寄った松屋のカウンターの下に入れたまま、置き忘れたような気がします。
松屋を出る時持って出たという確かな記憶がなく、逆にそういえば持ってなかったという記憶も無いんですが、松屋に入る前に持っていた記憶があって、他に寄り道をして無いので、まぁそこしか無いなという感じです。
翌日、電話して問い合わせても無いとの事だったので、誰かが持って行ってしまったんだろうか・・・
ノベルティと参加証しか入って無いトートバッグを持ってって、何かいい事あるのかなぁと思うし、実はどっか別のところでと思って色々探してみたけど、やっぱり見つからず、失ってしまいました。

参加証も一緒に無くしてしまったけど、たまたま2日目にYAPCの翌日だと勘違いしていて申し込んでた別のイベントがあって、悩んだ結果そっちに行くと決めていたので、幸いな事?に気持ち的なダメージはなかったですけど。

こういうイベントの時は普段の肩にかける荷物の他に持つ事になって、いつも持ってる何かが無いという違和感も働かないので、気をつけないとですね・・・

書いた日

2015年8月24日頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>